保育の方針

 【0歳児】 【1歳児】 【2歳児】 【3歳児】 【4歳児】 【5歳児


0歳児


保育の方針

・家族との連携をとりながら、個々の体調を把握し、安全で健康な園生活を送る

・一人一人の感情を受け止め、信頼関係を深めて安心して自分を出し周りへの興味を広げていけるようにする

・歌、赤ちゃん体操、手遊び等を通し、スキンシップを十分にして、楽しい気持ち、よい経験をたくさんしていく

・月齢差を配慮し、他クラス(1歳児)との交流を図り、個々の生活、遊びを十分に満足させていく


園での様子

 眠りたいときに眠り、お腹が空いたら食べ、遊びたくなったら遊べるようにしています。 お家での生活リズムと園での生活リズムがあまり違わないようにしてきいきますので、園と家庭との連絡を密にとります。 寝返り、お座り、ハイハイ、つかまり立ち等大きく成長する一年です。食事も母乳(冷凍母乳も対応しています)から、ミルク、おかゆと少しずつ食べられるものも増えていきます。


1歳児


保育の方針

・健康に過ごせるように、家族との連携をとりながら、きめ細かい配慮をしていく

・一人一人の感情を受け止め、人と人との基本的な信頼関係を培っていく

・探索行動や、一人遊び等の1歳児に見合った遊びを十分に保障していく

・0歳児、2歳児との交流を図り、遊びを充実し広めていく


園での様子

 探索行動が盛んになり、言葉の数も日増しにふえていきます。 「ダメー」「ヤダー」と言い出す頃。 個々の感情をきちんと受けとめて、信頼関係の基礎作りをします。健康に過ごせるように家庭と連携をとります。


2歳児


保育の方針

・2歳児の心の動きや要求を的確に受け止めていくことで、信頼関係を深め、情緒の安定を図る

・身の回りのことを保育者に助けられながらも、少しずつ自分の力に合わせてやろうとする

・模倣遊び、ごっこ遊びなど自発的な遊びを十分にしていく中で、興味や言葉が増えていく

・全身を使った遊びを楽しみ、運動機能を促進していく

・保育者を仲立ちとしながら、少しずつ友だちと関わって遊べるようになり、その楽しさやルールに気付いていく

・1歳児、3歳児との交流を図りながら、遊びが充実し広がっていく


園での様子

 少しずつ友だちと遊べるようになってきます。取り合いのけんかで泣いたり、泣かされたり。自分の重いが相手に通じなくて、手をだしてしまうこともあります。 また、「これなあに?」「何で~なの?」など、わからないことを知ろうとする知的興味も芽生えてきます。 手をつないで、お散歩にも行くようになります。ボタンはめや、袋の結び目も作れるようになったり、身の回りのことが一人でできるようになってきます。


3歳児


保育の方針

・個別的な関わりと、指導の中から、基本的生活習慣を確かなものにしていく

・戸外でのびのびと遊び、自然に親しみ、生活経験の拡大と創造の芽を育てる

・豊富な遊具や自然で遊ぶ中から、自分の身体の動きが、コントロールできるようになり、運動が好きになる


園での様子

 友だちと遊ぶことが増え、けんかしているのを仲立ちしようとします。簡単なゲームが出来たり、生活のルールを守ろうとします。 製作面では、自分で考えることが出来てきます。創造の芽生えです。


4歳児


保育の方針

・戸外で十分に体を動かし、遊ぶ中から健康な体を育てていく

・友だちと遊ぶ楽しさを知り、簡単なルールを守って、集団として行動ができるようになる

・実際の活動を通して、周りの物事に対する関心を盛んにしていく

・生活経験をより一層深める中から、色々な創造力が養われ様々に表現することを知っていく


園での様子

 ルールを守って、友達と集団で遊ぶことが出来るようなります。 自分の経験したこと、見聞きしたことを土台として、創造力が養われます。 給食のお手伝いや動物の世話も出来るようになります。


5歳児


保育の方針

・自然の仲で、十分体を動かして遊び込む中から、健康な体づくりを図る

・友だちとのつながりを求め、集団生活の楽しさを感じ取り、集団の一員として行動できるようになる

・意欲的な行動と周囲の物事に対する関心を盛んにし、自主、強調を養う

・知的興味が広がり、創造力、表現力が豊かになる


園での様子

 友だちとのつながりが深まり、我慢したり、譲ったりする姿が見られます。 知的興味が広がり、創造力、表現力が豊かになります。一番大きなお兄さん、お姉さんとしての力が養われます。 朝、夕の支度は、自分で行えるので見守ってくださいね。 大切なことを伝言してもらうこともあります。


←前のページに戻る