なごみ保育園

食育 ~稲作はじめました~

なごみ保育園からのお知らせやブログなどの最新情報がご覧いただけます。

2024.06.15 共通お知らせ

NEW食育 ~稲作はじめました~

梅丘なごみ保育園での米作りも今年度で3年目になります。

毎年、試行錯誤、改良しながら着実に収穫に繋げてきました。

米農家さんの苦労を知り、感謝の気持ちに繋がっていく様子が、子どもたちの成長を感じさせてくれる瞬間でもあります。

今年度の米作りは、子どもたちにどんなワクワクや喜び、さらには壁を与えてくれるのでしょうか。

お友達、先生と一緒に乗り越えていきましょう!

 

・・・これまで・・・

 

<4月>

~種籾の観察、塩水選、殺菌、浸種~

塩水に浸し、浮いてきた軽くて栄養の少ない種籾を除いています

温水で消毒する方法を紹介しています(温水といっても熱いので、ここではせずに給食室で本消毒をします)

水に5日程浸し、芽が出るのを観察します

 

~播種(種まき)~

種に1~2㎜の芽がでたらまき時です。それぞれ記名したポットにまき、「自分の苗」として育てていきます。

 

~水やり、苗の観察~

  

当番で毎日水やりをします。「大きくな~れ!」と応援している姿に、某ジブリ作品の1シーンを思い出しました。

 

<5月>

~田んぼの土づくり~

3種類の土をよく混ぜます。下から混ぜなくてはいけないので、これが結構大変な作業でしたが、子どもたちには土あそびの延長ということもあって、みんな楽しそうに頑張ってくれました

 

~田植え~

 

自分たちの育てた苗を植えかえる作業でしたが、愛着がしっかり芽生えていたのか、最初はとても慎重な子が多かったように感じます。慣れてしまえば自分たちで教え合いながらどんどん進めてくれ、頼もしい姿がありました。

 

現在は水やりと、稲や虫の観察を子どもたちが行っています。

少しずつ大きくなっていくのを楽しみながら、悪い虫が来ていないか、稲が倒れていないかなど細かく観察し、愛情をもって接してくれています。

 

梅丘なごみ保育園 給食室